Q太郎とLureFishing

2012.8.4 「雨上がりの十勝釣行」

金曜日に続き土曜日もパワフルなニジマスを求め、cream sodaさんと十勝方面へ向かった。
途中、高速道路から見える十勝川は濁っていて他もダメなのかと、心配しながら今日のお目当ての川へ辿り着いた。車が数台止まっていて川には先行者の姿があった。
川へ降りてみると、濁りはほぼ無く良い流れ。
釣り始めて10分くらい経った時、今日の悔やまれる出来事が起こる。
そこは、深い早瀬になっていて対岸には沈み木がある絶好のポイント。
リーダーに結んだルアーは山夷68TypeⅡ。
クロスにキャストしスイングさせる。狙ったコースをスイングし、一つ目の沈み木の前を通過した瞬間、今までに経験した事のない力でドラグを鳴らし一気に下流側の二つ目の沈み木へダッシュ。水中で「ギラリ」と光り、反転させたその魚体は確実に50upはあった。
あまりの瞬間的な事だったのでなんの対処もできず、沈み木へ逃げられ、あれこれしているうちに痛恨のフックアウト。しかもはずれたあとには根掛り。バラシてルアーをロストしてしまう最悪の結末。
リーダーを結び直しながらものすごい後悔。ラインシステムはデカニジ用にと太いものを使っていたので、沈み木があるポイントならバラシ覚悟の一か八かでドラグをきつめに絞めておくべきだったと.....。
悔しさが残るが、これも勉強と自分に言い聞かせ川を下る。
その後、「ここは」というポイントが数ヶ所あったがなんの反応もない。やっぱり先行者に抜かれてしまったのか。
ここで場所を上流へ移動することに。
車を停めようとした場所は工事中で立ち入り禁止。
少し下流に車を止め、背丈以上の草を掻き分け川へ降りる。
d0254754_21193951.jpg

上流で護岸工事をしている影響でかなりの濁りが入っていて釣りになるかどうかというところだが、折角なのでやってみることに。
d0254754_2121892.jpg

ここでcream sodaさんと1匹ずつ20cmくらいのニジマスが釣れた。
昼ご飯を食べながら午後の作戦会議をする。
まずは本流の高速道路より上流を偵察してみることに。
車を走らせ途中の支流を確認すると濁っており、やはり本流も濁っていた。
本流を諦め、最後の川へ移動する。
この川の濁りは、午前中の川と同じでほぼOK。
しかしこの川も沢山の釣り人がいる。ダメもとで開始。
この区間はコンクリートブロックが川幅一杯に並べてあり、それが一定の間隔で連続してあるので、その間は殆ど流れが無く私の好きな感じのポイントも少ない。
キャストを続けるがなんの反応も無く、終わりの時間が来てここで終了。
AM5:30からPM5:00までやったが、釣れたのは小さいのが1匹とまたも十勝の川に完敗で終わってしまった。
いつリベンジの時が来るのだろう.....。
[PR]
by KO-GYNOQ-TARO | 2012-08-05 21:48 | 十勝川 | Comments(4)
Commented by pockx-efc at 2012-08-05 22:59
うああ!おしいっ!!
十勝の魚は突っ走りますよね…
僕も今日倒木くぐられました(^_^;)
綱引き状態でなんとかゲットしましたが、ヒレピンではあるものの十勝のニジマスよりも尾鰭がふた周りほど小さかったために助かりました…
後日ブログアップします~良い釣りでした
Commented by KO-GYNOQ-TARO at 2012-08-06 22:38
こんばんは。pockx-efcさん。
衝撃的な力でした。あの木が無ければ...おかげで良い経験をさせて貰いました。
次は必ず釣り上げます。
Commented at 2012-08-09 07:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KO-GYNOQ-TARO at 2012-08-10 17:20
こんにちは。pockx-efcさん。
ありがとうございます。行ってみます!
今度、お互い都合が合えばどこかご一緒したいですね。
pockx-efcさんのテクニックを拝見したいものです。