Q太郎とLureFishing

2012.6.9 「ニジマス河川~尻別川」

前回のリベンジと思い行ってきました。
前日は職場の飲み会があったため、少し遅めのAM7:00到着。
バックを開けてみるとビックリ。出掛ける時に寝ぼけていたので、スナップとリーダーを忘れてしまった。
今日からラインをPEに変えたのに最悪なミスをしてしまった。しかしラッキーなことにPEにリーダーが結んであった。先週、準備しておいて良かったと、ホッとした。
準備を済ませ川へ降りる。前回より水量も落ち着き良さような感じ。
しかし、前回同様アタリがない。その後30分くらい釣り下り何もないので見切りをつけ、尻別川へ移動。
短いロッドしか持ってきていなかったのでヤマメを狙いに喜茂別エリアに到着。
d0254754_22174381.jpg

先行でフライマンが2人、ドライでやっていた。話を聞くと釣れていないよう。
蝦夷をリーダーに結び何度もキャストするが、ここも反応がない。30分くらい釣り上がり、対岸に小さな落ち込みを見つけここには居るだろうと思いキャスト。着水後すぐにヒット。釣れたのは20cmくらいのヤマメ。
写真を撮ろうとしたが、立ちこんでいた場所は流れが速く、ネットもないのでモタモタしているうちに逃げられてしまった。
その後せっかく尻別まで来たし、どうしてもニジマスが釣りたかったので京極エリアへ移動。
ここで1時間程やったが何もなく、最後は根掛りでリーダーがなくなったところで終了。
今日はなんだか色々とリズムの悪い不完全燃焼の釣りになってしまった。
次回こそはしっかりと準備をし、満足な鱒を釣りたいと思う。
帰りに釣具店により以前から欲しかったシンキングタイプのディープミノーを購入しました。
d0254754_22482477.jpg

「スカリ50SSディープ」
ディープミノーは沢山あるが殆どがフローティングタイプで今、手持ちのディープもフローティングばかりである。
d0254754_2252623.jpg

d0254754_22525470.jpg

シンキングミノーやヘビーシンキングミノーを使っているが、流れの速いポイントでのダウンの釣りだとたまに水面から飛び出るミノーもあり、しっかり底をトレースできるミノーが欲しかった。このスカリディープを試してみて良かったら他のカラーも購入しようと思う。
[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2012-06-09 23:12 | 尻別川 | Comments(2)

2012.6.2 「洞爺湖開幕」

洞爺湖解禁!行ってきました!!
自宅をAM2:00に出発。現地AM4:00到着。
とりあえず、3月にサクラマスが釣れた超有名ポイントへ行ってみることに。
やはり解禁まもない土曜日の4:00では遅いのか駐車場にはもうすでに結構な台数の車が.....。
一応、湖畔に行ってみたが入れそうなスペースはなくポイント移動。
次に向かったのは、去年の6月にヒメマスが釣れたポイント。
d0254754_1927509.jpg

風も波もなく、沖の方にいるトローリングの人の声が良く聞こえる。
いろいろとレンジを変えても無反応。
1時間くらいやったところで細かい枝などゴミがたくさん流れてきたのでポイント移動。
洞爺湖初心者なのでポイントがよくわからず、適当に車を停めやってきたのがここ。
d0254754_1934380.jpg

岬やワンドが幾つかありなかなか良さそう。ときどき、水面がモコッとしている。
確かめるべく早速キャスト。リトリーブしながらたまにフォールさせる。
コツコツと小さいアタリがあり、そしてキャッチ。正体が判明.....やっぱりウグイでした。
その後もウグイのアタリばかりでうるさかったので、ポイントを変えるため少し歩き再開。
ちょうどその時、少しではあるが波立ってきた。ちょっぴり期待してキャストするもアタリが無い。
今日はまだスプーンを使っていなかったので、気分転換に使ってみることに。
着水後、5カウントダウン。そして中速くらいでリトリーブしているといきなり「ガツン」と強いアタリ。ウグイではないことはすぐに分かった。ヒット直後からドラグがジリジリと鳴り、最高の気分。途中、ロッドのしなり具合を写真に残そうとデジカメのシャッターを押したつもりだったが、後から確認すると撮れていない。残念.....。
ランディングネットを修理に出しているため、今回も岸にズリ上げることに。
無事にズリ上げ成功。魚体を確認するとナイスサイズ!前回よりサイズアップの59cm。60までもう少し。
d0254754_19563893.jpg

d0254754_19565727.jpg

時計を見るとまだ7時を過ぎたところだったが、なんだかこの1匹で満足してしまいここで終了。
そういえば、蝉がたくさん湖面に浮かんでいましたね。来週は支笏湖かな。
d0254754_2015884.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2012-06-02 20:16 | 洞爺湖 | Comments(6)

2012.5.27 「ブログ始めました」

前から始めようと思っていたブログを始めます。
今回は今年の初釣行となった「洞爺湖」。初めて行った「十勝川」。10数年ぶりに行った「地元河川」。今年初の「道央ニジマス河川」。について長くなりますがまとめて投稿します。
まずは、3月17日の洞爺湖。
d0254754_0209.jpg

スノーボード・釣りの仲間であるH先輩と一緒に超有名ポイントで7時前頃スタート。波も結構ありいい感じだが横風がきつい。釣り始めて20分くらい経った頃だろうか「ガンッ」と激しいアタリ。ドラグも鳴りなかなかのファイト。しかし、久しぶりの魚なのでそんなファイトを楽しむ余裕もなく早く魚の顔が見たいので岸へと寄せる。何度か寄せては戻されるを繰り返し、ズリあげたのはガッチリ下顎にDECOミノーをフッキングしてある体高の素晴らしいサクラマスだった。
d0254754_0185542.jpg
d0254754_0191043.jpg

この後、夕方まで粘ったが何もなく終了。私にとって洞爺湖は釣行回数がまだまだ少ないが過去の相性は良いので6月の解禁が楽しみだ。
次に3月18日・19日の人生初めての十勝川。
d0254754_0245669.jpg

仕事で知り合った釣りの大先輩と御一緒させてもらう。しかも1泊2日の釣行である。
初めての川ということで、かなり前から楽しみにしていた記憶がある。
まず初日、有名ポイントということで到着するともうすでにかなりの数のアングラーが(殆どがフライ)。みんな等間隔に並んでいて、こんな光景初めて見る。
d0254754_0335358.jpg

早速、スペースを見つけスタート。ディープミノーを結び何度かキャストをすると「グングン」というアメマス独特のファイト。上ってきたのは、60upの立派な砲弾型の十勝川のアメマス。
d0254754_0405937.jpg

その後、数匹がディープミノーにアタック。楽しい時間が過ぎていった。
d0254754_0462850.jpg

川の流れが緩くなってきた所でポイント移動。
今年は十勝も雪が多いのか、なかなか車を停められるポイントがなく移動を繰り返しようやく車を停める。
d0254754_0471918.jpg

ここのポイントは川までの道のりが大変だった。十勝川は大河なので河川敷が広く車から川岸まで遠く特に雪の多い今年はしんどい。ここでは1匹を追加して少し早いが15時頃終了。
ホテルに着き、ウェーダーを洗い準備をしてお楽しみの焼肉を食べに行った。釣りの後の焼肉にビールは格別にうまかった。初めての川で素晴らしいアメマスを釣ったのでなおさらのことだ。
2日目。ホテルを出ると道路が雪で真っ白。
昨日の最初のポイントに到着。平日だからか車が1台も無い。ラッキーと思ったがしかし、車の温度計を見ると外気温がなんとマイナス10℃。さすが十勝という感じだ。
広い河川敷の雪原を歩き川岸に到着。そして2日目スタート。早速、大先輩がアメマスを釣っている。流石です。
私は、昨日ずっとディープミノーとスプーンを使っていたので今日は初めて使うバイブレーションで攻める。根掛り覚悟でコツコツと底をとりながらたまに軽くリフト&フォールをさせながらラインテンションをかけたままナチュラルドリフト。すると「ゴンッ」というアタリ。ドラグの音とロッドのしなりから、中々のグッドサイズとわかった。無事に氷の上にズリあげると2日間で最大の65cm。
d0254754_1115271.jpg

その後、数匹追加して昼ごろ終了。帰り道、楽しみにしていた豚丼だったが定休日で残念。でも今回はいろいろ勉強になった釣行だった。今度は是非ニジマスを釣りに来て豚丼も食べたいものである。
続いて、ゴールデンウィークに帰省した時に行った地元河川。
昼頃、実家に着き早速川へ向かう。中学の時以来となるが相変わらず澄んだ水と素晴らしい渓相。
d0254754_1333880.jpg

蝦夷50S TYPE-Ⅱを結びファーストキャスト。アタックしてきたのは地元河川に多い腹がオレンジ色のイワナ。
d0254754_1364149.jpg

その後も尺上のイワナや20cm台のヤマメがたくさん釣れる。(25cm程のヤマメが釣れたが写真を撮る前に逃げられてしまった。(すごくキレイな魚体だったため残念。)
d0254754_221748.jpg

d0254754_1472328.jpg

帰省中、毎日釣りには行けなかったが充実した帰省と釣行であった。
最後は5月19日の道央ニジマス河川。
雪代も治まりつつあったので、いつものH先輩と出発。6時半頃スタート。
釣り始めるがなかなかアタリすらない。すると隣でH先輩が銀化したここでは珍しいと思うヤマメを釣りあげた。その後もここはというポイントを攻めるが何もなくおかしい。やはりまだ早いのだろうか。だいぶ釣り下ったポイントで小さいアメマスを1匹。
d0254754_1544127.jpg

そしてさらに下ったポイントで少しサイズアップ。
d0254754_1553543.jpg

そして終了。H先輩はニジマス1匹を追加。私は結局ニジマスを釣れず終い。おそらくこれからがニジマスの季節と期待して帰路に着いた。帰りに本流を覗いたが流れは水量が多く白濁した緑色だった。本流の釣りが待ち遠しい。
[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2012-05-27 02:22 | 色々 | Comments(4)