Q太郎とLureFishing

2013.5.4 「Balsaと地元河川」

GWの帰省に合わせ1年の中でも楽しみしている地元の小渓流で釣りを楽しんできた。
本当はGWとお盆の年2回はやりたいところだが夏はアブがうるさく、酷い場所は10秒くらいで体中アブだらけになってしまう。私が中学の時はそうではなかった記憶があるので、アブの猛攻を受けた3年前の帰省時は本当にビックリした。そんな過去の苦い経験から年に1回の「お楽しみ」になっている。
朝、目覚ましで起きるが外は雨なので二度寝。雨は午前中で上がりお昼過ぎまでに用事を済ませた。
いよいよ「お楽しみ」の川へ向かう。今回はオフシーズンの間、収集したBalsaだけを使って釣り上ることにした。
川へ着くと足跡が...。先行者か...。ちょっぴり残念...。
d0254754_9571570.jpg

今回は川釣り初挑戦の相方を連れてきた。
管理釣り場・湖は過去に数回の経験はあるが、ピンポイントのキャスティングが重要な小渓流となると難しいらしく木の枝に引っ掛けたりと苦労していた。しばらく釣り上がり数ポイント目、瀬尻の淵をスピナーで通すと手のひらサイズではあるがパーマークの綺麗な山女魚が釣れた。
私はというと数匹の岩魚を掛けることが出来た。
d0254754_1026194.jpg

サイズはこの岩魚が最大で殆どが20cmくらいのチビばかり。
17:30薄暗くなってきたところで数・サイズ共に納得のいく釣果ではないが今日はここまで。
今回の釣行は先行者が居たこともあると思うがチェイスも少なくサイズも去年より小さく感じた。
車に戻ると、去年もそうだったが地元の有志で集まった会の方がリリースのお願いについてのチラシをフロントガラスとワイパーの間に挟んであった。
昔を思い出すと、中学時代は川の環境を考えず本当のチビ以外はキャッチ&イートだったが、この小渓流に住む渓魚を未来に残すためにリリースをして欲しいと自分も思った。
d0254754_10492353.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2013-05-06 11:01 | 地元 | Comments(4)

2013.4.14 「大荒れの支笏湖」

天気予報を確認し今年初めての支笏湖へ向かった。
本当は土曜日の夜明けからやる予定だったが、前日に職場の歓迎会があり1度は目を覚ましたがあまりにもの眠さに布団からなかなか出られず今日来ることとなった。
今日は南風で午後からは雨の予報だったので午前中勝負で北岸へ入ることに。
湖岸に降り立つと期待通り湖面は波立っている。
朝イチは春先に実績のあったポイントへ。
d0254754_22283769.jpg

2時間あれこれルアーをローテーションさせながらやってみたが魚からの反応がないので早めに見切りをつけて次のポイントへ向かう。
ここは風が正面から吹いてくるので湖面は大波と濁りで状況は良さそうに見える。
d0254754_22413173.jpg

すでに数人のアングラーが波を被りながらロッドを振っている。
スプーンで中層をタダ巻きすること1時間くらい。今日もダメかと飽き始めていたころ不意を衝くようにロッドティップがグングングンと引き込まれた。
すかさず合わせを入れるがタイミングが悪く食わせることが出来なかった。
思わず「アーッ!」と声が出てしまった。
自分にとっては難しい支笏湖で幸先の良いスタートになったのかもと思うと、油断でアタリがあった時のロッドの位置が悪くしっかりと反応出来なかった自分への情けなさが残った。
その後は当然のように何もなく予定通りAM11:30車へと戻った。
これで前回の利別に続き...。早く魚が見たい。
d0254754_22592812.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2013-04-14 23:08 | 支笏湖 | Comments(0)

2013.4.6 「道南アメマスの本流」

今日は先日、納車されたばかりの車で先輩と道南の本流へ向かう。
AM6:00過ぎくらいに日本海沿いを走っていると精進川河口付近には沢山のアングラーがすでにロッドを振っていた。自分も来シーズンこそは日本海で海サクラ、海アメを狙ってフルキャストしたいと強く思った。
現地に着くと川は少し増水していた。河口付近から上流へ向かい最初のポイントへ入る。
鮭稚魚を意識した5cm前後のミノーを結び一区間キャストを繰り返すが全くの無反応。
その後2回、ポイントを移動するが魚からの反応は無く正午過ぎここで今回は諦めることに...。
雪代が収まるまでは厳しい釣りが続くと思うと、ヤマメの解禁日や初夏の本流シーズンが待ち遠しい。
釣果は残念だったが、初めての川で先輩と一緒に釣りをして、新しい車でロングドライブを楽しめたのでなかなか良い土曜日となったかな。
d0254754_22451125.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2013-04-08 22:48 | 後志利別川 | Comments(2)

2013.3.30 「冬の洞爺湖Final」

今日はcream sodaさんと洞爺湖へ2013年冬のシーズン最終釣行へ向かう。
3月も終わろうとしているのにまだまだ寒い。昨晩から降っている雪で中山峠は冬の景色に逆戻りしていた。
AM6:00すぎ、某有名ポイント駐車場へ到着。来週から禁漁になるというのに湖畔には数人しかいない。
準備を済ませ、モナカのような雪に足をとられながら湖畔へ向かう。
d0254754_20424172.jpg

いつもの白鳥に出迎えられ、インレットを挟み左にcream sodaさん、右に私。ほぼ凪状態の湖面へ向かってキャストを始める。
30分くらいたった頃だろうか隣のcream sodaさんの方から「来た!来た!」と声が聞こえ横を向くとロッドが曲がっている。
厚みのあるグッドサイズのサクラマスだった。
cream sodaさん洞爺湖での初物おめでとうございます。
その後ポイントを2回変えてみるが全く無反応。
d0254754_20544937.jpg

12時のサイレンを聞き、心が折れたところで今回は納竿。
もう少し粘りたかったが、朝イチ以降は湖から魚の生命感が感じられないので6月の解禁に期待して諦めることに。
来月から雪代が収まるまでは支笏湖と朱鞠内湖へ行こうと思う。
d0254754_20552170.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2013-03-30 20:58 | 洞爺湖 | Comments(4)

2013.3.16 「2013年初釣行 十勝川」

2013年の初釣行は十勝川を選んだ。
前日から忘れ物のないようにと準備していたがネットを忘れてしまった。
毎年、初釣行は何か忘れ物をしてしまう。
途中のコンビニで先輩方と合流させていただき川へ向かう。
いつもの土手に着き、ウェーダーを履きロッドにラインを通しルアーを結び足元にはスノーシュー。
d0254754_1241123.jpg

河原に着くとすでに数人のフライフィッシャーがロッドを振っていた。
ディープミノーで軽くトゥイッチを入れているとグングンと独特のアタリがロッドへ伝わる。
サイズは40ちょっとだが初物が出たことでまずは一安心。
d0254754_1249898.jpg

その後、午前中はここで粘ったが状況は渋く移動することに。
次のポイントでは強くなった風に苦労する。
軽いルアーは飛ばないし、風でラインが流れるし、どこのレンジを流しているのか分かりずらい。
風が強い日の釣りは本当に苦手だ。
そんな天候の中、何とか50アップのレギュラーサイズを2本釣ることが出来た。
d0254754_12584778.jpg

d0254754_125998.jpg

サイズは小さかったが、初釣行で魚の感触を味わえたことと大人数で釣りができたので楽しい釣行だった。
みなさんありがとうございました。
d0254754_1334122.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2013-03-17 13:16 | 十勝川 | Comments(6)