Q太郎とLureFishing

2014.7.21 「ようやく尺ヤマメ」

3連休の最終日、休みになったので近くの川へ出掛けた。
仕事の疲れで早起きできず、AM5:00過ぎ札幌の自宅を出発。
現地に着いたのは、気温の上がり始めた7:00を過ぎていた。
土日で散々叩かれた後なのか、それともタイミングなのかしばらく釣り上るも無反応。
いつも良型の鱒が出る長い瀬のあるポイントでようやく40アップくらいのアメマスのバイトがあったが、手元に近すぎてうまくフッキングできず。
その後もキャストを繰り返しながら瀬頭まで釣り上る。
瀬頭にアップクロスにキャストし、トゥイッチを入れているとルアーがひったくられた。
反転するシルバーの魚体はまずまずのサイズ。ネットに手を掛けたその時、シルバーの魚体にパーマークを確認。瞬間的に緊張感が高まった。
慎重にやり取りをし無事ランディング。
d0254754_20523992.jpg

ネットが大きくサイズ感がよくわからないのが残念だが、サイズを測ると31cm。ようやく尺越えをすることが出来た。
d0254754_20541974.jpg

しばらく余韻に浸る。凛々しい顔に体高は幅広くパーマークが綺麗なヤマメだった。
リリースすると元気に流れに帰っていった。
その後も28を筆頭に数匹のヤマメを掛けることができた。
d0254754_2145798.jpg

私のヤマメシーズンも残り1ヶ月。もう一度あの感覚を味わいたいものである。
d0254754_2142177.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2014-07-21 21:10 | 道央 | Comments(1)

2014.7.5 「2014天塩川1st」

今シーズン初めての天塩川へ単独で出掛けることにした。
事前の情報では状況は良くないと聞いていたがシーズン前半でとりあえず1回は行こうと思ったからだ。
「もしかしたら釣れるかも」と淡い期待を持ちながら自宅を出た。
朝イチは去年、悔しい思いをしたポイント。
水量は多くなかったので自分が立ちたいところまで川を進むことが出来た。立ち位置は問題ない、しかしウェーダー越しに伝わってくる水温がぬるく、流れのある瀬でも21℃だった。
色々とやってみるが無反応。
d0254754_2361689.jpg

その後も移動を繰り返してやってみるもまったくダメ。
d0254754_237723.jpg

どれだけキャストしただろうか。ロッドを持つ右腕がだるくなり、心が折れてPM4:00納竿。
次回は涼しくなった9月頃に再挑戦してみようと思う。
d0254754_23154723.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2014-07-06 23:18 | 天塩川 | Comments(1)

2014.7.4 「想定外の大鱒」

今日は、休みを取りヤマメ狙いで近くの川へ出掛けた。
現地着は遅めのAM7:30。気温は暑くも寒くも無く丁度良く、川の水色も良い。
まずはいつものちょっとした落ち込みがあるポイントから始める。
落ち込みにキャストする前に瀬の肩を狙うと早速、尺くらいのアメマスのバイトがあったがショートバイトでしっかりとフッキング出来なかった。
その後もキャストするがチェイスが無いので、次にここの1級ゾーンの落ち込みにBENKEIをキャストする。
2,3回トゥイッチを入れたところで、「ドスッ」となかなかの重量感が手に伝わった。
かなり走られランディングするまで数分かかってしまった。
d0254754_218347.jpg

d0254754_2211914.jpg

ヤマメ狙いのタックルには不釣り合いな64のアメマス。迫力充分の極太な魚体、十勝のアメマスに引けをとらない大きな尾鰭、この川の潜在的な力に驚いた。
その後も釣り上がり要所では反応がある。
d0254754_2140550.jpg

d0254754_21402822.jpg

d0254754_21512984.jpg

8寸ほどのヤマメに、写真は無いが尺越えのアメマスも数匹釣れた。
去年、まずまずのサイズのアメマスを釣ったポイントでは52と48をキャッチ。
d0254754_21504475.jpg

d0254754_215193.jpg

これも良く走った。特に48はダウンで掛けたからか勢いが良く、倒木をかわしながら自分も一緒に川を走った。
今日は去年の今くらいの時期に比べるとヤマメが少ないように感じる。チェイスもルアーに絡みつくヤマメ独特のチェイスではなくアメマスとすぐにわかるチェイスが多い。
そういえば途中で餌釣りの方と会い話をさせていただいたが、釣れるのはアメマスばかりだと話していた。持っていたビクにはヤマメも入っていたがアママスが多かった。私はリリース派だからわからないが、アメマスは美味しいのだろうか。
d0254754_2205962.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2014-07-05 22:17 | 道央 | Comments(0)

2014.5.31 「締めのRainbow」

今回はcream sodaさんと短時間の釣行ということで、自宅のある札幌から近い尻別川水系に出掛けることに。
駐車スペースにはすでに車が1台。大きな川では無いので先行者は気になるが、なんとかなると思い準備をする。
着替えているそばから虫が体にまとわりつく。こんな時のためと思い買ったハッカスプレーを家に忘れてきてしまった。蚊、ブヨ、よくわからない虫.....最悪である。
d0254754_1173624.jpg

川へ出ると水の色等コンディションは良さそうに見える。
しばらくやってみるが全く反応が無い。
やはり抜かれてしまったか...。
竿抜けしてそうな所は無いかと探していると、小さいが瀬がありそこそこ水深のあるポイントを見つける。
瀬尻をミノーが通過した時ついに反応が。
d0254754_12363.jpg

小さいがアメマス。3週間振りの釣りだったので釣れたことが嬉しい。
少し釣り下った所で餌釣り師の姿を確認。これはキツイはずである。
その後も釣り下るが反応が無い。cream sodaさんと話し、次の淵でやめようと決める。
まずはシンキングミノーで攻めるも何も無い。ダメ元でディープにチェンジして数投目、根掛りのような感触がロッドを通じて手に伝わる。ライトなロッドはバットからグンニャリ。ドラグを鳴らしながら淵の深みへ潜ろうとするが少し強引に引き出しなんとかネットイン。
d0254754_138227.jpg

ズッシリと重量感のあるRainbow。ここの川では最高サイズの46。
右腕にはダルさが残る何とも言えない充実感に浸りながら写真撮影。
時計を見ると9:30。まだ時間があるので本流に移動するが1バラシで今日は終了。
数は満足することが出来なかったが、印象に残る釣行になった。
d0254754_1534912.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2014-06-01 01:55 | 尻別川 | Comments(2)

2014.5.4 「1年振りの地元小渓流」

ここのところ恒例となっているGW帰省での地元釣行。
d0254754_22131216.jpg

今年も3時間くらいの短い時間ではあるが10匹くらいの鱒達が相手をしてくれた。
しっかりと整備された林道の両脇には高く聳え立つ杉林。小さい頃と変わらない風景が今もある。
d0254754_22205937.jpg

リーダーに結ぶのはこの日の為にオフシーズンに収集したミノー達。
ファーストキャストで早速、小さいながらもチェイスがあった。
流れがあり、少しでも水深のあるポイントからは必ず鱒からの反応があった。
d0254754_22291268.jpg

d0254754_22292992.jpg

d0254754_22294727.jpg

d0254754_2230112.jpg

去年もそうだったが釣れる鱒達は全体的にサイズが小さい。
それに細く痩せている鱒が多い。
虫の少ない春先だからまだしっかりとエサを捕食出来ていないからだろうか。
昔、沢山釣れたサイズを知っているだけに今回、釣りをしながら寂しい気分になった。
もう一つ気になることがある。
それはここ3年、十数年振りに地元のこの川で釣りをしているが昔と比べるとずいぶんと水量が少なくなった気がする。
これも鱒達のサイズに関係しているのだろうか。
d0254754_22553041.jpg

d0254754_2254329.jpg
d0254754_22542183.jpg

[PR]
# by KO-GYNOQ-TARO | 2014-05-07 23:01 | 地元 | Comments(2)