Q太郎とLureFishing

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012.10.28 「2012天塩最終釣行」

先週も天気が良くなく行けなかった「天塩」。
多分、今回で今年の天塩川シーズンは終わりになるだろう。
そんな思いで今日こそはと期待を膨らませてAM3:30、車を北に向けて走らせる。
川に着き車から降りる。かなり寒い気温はマイナス1℃。
霧が立ちこめ視界が悪く、普段より高い水位なので足元に気を付けながら立ち込む。
リーダーにまずはスプーンを結びキャストする。
ルアーをあれこれローテーションさせるも川からは生命感が感じられず最初のポイントを後にする。
d0254754_22182151.jpg

次のポイントではフラットな流れでたまにモコッとボイルがあったがロッドを曲げることは無かった。
多分、鮭だろうと自分に言い聞かせてここを諦める。
川底には数匹の使命を終えた鮭が沈んでいた。なんだかそれを見ると感慨深いものがある。
3ヶ所目は水深が浅く砂と砂利のポイントで岸際には沢山、鮭のペアがいる。
d0254754_22312936.jpg

もしかしたら卵を狙っているニジマスがいるかもと思い、スプーンを結び鮭の邪魔にならないように対岸側へキャストする。
川底を転がすように卵をイメージしてナチュラルドリフトさせるが、ロッドを曲げるのはニジマスではない魚で申し訳ないことをしてしまった。
d0254754_22362594.jpg

ここでカップ麺づくしの昼食をとり次のポイントへ向かう。
朝からそうだがポイントの堤防沿いには殆ど先行者の車が停まっていて、みんな残り少ないシーズンに期待を込めていることが感じられる。
この日最後に選んだポイントは、ゆっくりとロッドを振りたかったので釣れそうな感じはない場所だが見渡す限り誰もいない所を選んだ。案の定、1時間程やったが何の反応も無かった。
d0254754_2250498.jpg

今年も満足なサイズには出会えなかったが、まだまだ少しだけではあるがポイントの開拓が出来たのでデカニジは来シーズンに期待することにして帰路についた。
[PR]
by KO-GYNOQ-TARO | 2012-10-29 22:59 | 天塩川 | Comments(2)

2012.10.14 「支笏湖の美鱒」

今日は先週に引き続き北へ向かいたかったが、昨日は休日出勤だった事と月曜からの仕事を考え近場の支笏湖へcream sodaさんと向かう。
果たして今日は釣れるのか、それとも釣れないいつもの支笏湖になるのか.....。
d0254754_21303754.jpg

今回はcream sodaさんにお任せでポイントを選ぶことに。
朝日が綺麗で雰囲気も良い。そんな気持ちの良い中フルキャスト。
5投目くらいだったろうか、それは突然だった。
d0254754_21405325.jpg

ロッドが大きく弧を描き、上ってきたのはブルーバックが綺麗な50アップの「支笏湖Rainbow」。
cream sodaさんランディング有難うございました。
d0254754_231960.jpg

初めて釣る支笏湖のニジマスは鮮やかなブルーの背中で、驚くほどシルバーメタリックの奇麗な魚体だった。
今シーズンは数回通ってまだ実績が出ていなかったが、これでようやくという感じだ。しかもニジマスという嬉しい結果で。
その後、昼までやったがやはり「いつもの支笏湖」だった。
d0254754_2153982.jpg

[PR]
by KO-GYNOQ-TARO | 2012-10-14 21:56 | 支笏湖 | Comments(4)

2012.10.6 「2012天塩釣行開幕」

楽しみにしていた天塩釣行、なかなか天気のタイミングが合わなかったがようやく行くことが出来た。
途中雨が降り出してきて不安になったが、目的地に着く頃には雨も上がり川の色も大丈夫。
でもこの雨は1日中降ったり止んだりを繰り返す厄介な雨になる。
d0254754_1281128.jpg

朝イチ入りたかったポイントは車が停まっていたので、第2候補のポイントへ向かうことに。
ここは岩盤で瀬とスリットが結構あり、大物の予感がする。
まずは岩盤のスリットを狙ってみるも無反応。水温がだいぶ下がってきているが瀬を流してみることに。
スプーンで瀬の底を転がす。レーンを少しずつ変えながらじっくり流すこと数回目、「ヒット」!
d0254754_12155897.jpg

釣れたのは期待していたサイズには程遠い30くらいの小ニジ。
去年はアメマスしか釣れなかったので小さいものの本命が釣れたのでこれはこれで嬉しい。
今度はまだやっていない深いフラットな流れをDコンで狙ってみることに。
流れに乗せながら小さくトゥイッチをしていると「グン」とヒットした!
しっかり合わせたはずだったが、首振りでバラシてしまった。
手応えの感じからするとアメマスか海からのアイツだと思う。
このパターンで続けると「ガシッ」とヒット!
直後にジャンプ1発、バラシてしまった。
釣り上げたサイズより大きかったのでしばし呆然。
切り替えて次のポイントへ移動。
ここでも同じように探るもさっきまで先行者が居たためか反応が無い。
川底を見ながら歩いているとリリースに失敗したと思われる40前後のニジマスが沈んでいた。
貴重な魚なので、なるべく魚を水から上げないなど基本的なことに注意することが大事だと改めて思った。
お昼を過ぎたのでここを諦めて食事を取ることに。
昼寝をしているとスペイをやっている先輩から電話が入り、夕マズメご一緒させてもらうことになる。
ここは去年と流れが変わってしまったらしい。よく見ると岩盤に石がつまりスリットを無くしてしまっている。
暗くなるまでやるも反応が無くここで終了。スペイの釣り方はルアーでの攻め方のヒントになる。ありがとうございました。
私はぜんぜん駄目だったが今日、先輩の仲間がグッドサイズを上げたらしい。やはり1日やると誰かには必ず釣れる。こういう情報が折れた心を繋ぎ止めてくれる。
ここでデカニジを釣るにはポイントと釣り方を覚えるため回数を重ねないと難しいと再認識した釣行であった。
今シーズンあと何回通えるかわからないが、なんとか納得のサイズを上げたいと思っている。
d0254754_12515436.jpg

[PR]
by KO-GYNOQ-TARO | 2012-10-08 12:53 | 天塩川 | Comments(6)

2012.10.3 「早瀬のニジマス」

今日も前回訪れた十勝の川へ行くことに。
最近は片道200kmくらいなら遠く感じない。感覚がおかしくなっているのかもしれない。
それはスリリングなファイトをしてくれるニジマスがいるからだろうと思う。
d0254754_23593374.jpg

今回も同じポイントから始める。
ファーストキャスト。まずはダウンクロスにキャストし瀬をスイングさせながら小さくトゥイッチを入れる.....ヒット!
今回もドラグの調節が悪く、一気に倒木に逃げられる。
なんとか倒木をかわして無事ランディング。
d0254754_034498.jpg

かかった瞬間はもっと大きいと思ったが30アップのニジマス。
このサイズでも瀬の中を良く走る。
気温は13℃くらいで肌寒いが活性が高いのかファーストキャストで釣れてしまった。
しかし、それは勘違いだった。
その後1時間程釣り下るが何も反応が無い。
ここを諦めて少し上流側へ車で移動することに。
この区間の最初のポイントは、瀬の中間くらいに木が瀬に覆いかぶさるようにせり出していて瀬尻が深くなっている好ポイント。
まずは、瀬の下流側から木に向かってアップクロスにキャストする。
数投するも反応が無く、後で上流側からダウンで狙ってみることに。その前に、この区間は先行者がいないので少し釣り下ってみることに。
気温が上がらないからか、腕が悪いのか今日はあまり良くなく200mくらい下るが無反応。
残しておいた先ほどのポイントへ戻り、瀬の上流側に立ち覆いかぶさっている枝の際へキャスト。
スパッと枝と水面の隙間に滑り込むようにキャストが決まる。
軽く2、3回トゥイッチ入れた瞬間きつめに締めていたドラグがすごい音を鳴らしながら逆転していく。
一気に走り30mくらい下流でジャンプ!
デカい!これはバラせないと気が引き締まる。
まずは自分とニジマスの間にある木をかわすため対岸へ渡りニジマスと一緒に下流へ走る。
ここのニジマスは本当に強い!ラインを巻いては出されること数回、最後はロッドのパワーにまかせて強引気味に寄せてネットイン!
d0254754_0433436.jpg
d0254754_043597.jpg

太くて強い53のニジマス。
今回も活躍したのは月虫55激沈。ベリーに付いている鯉針が少し伸びていた。
その後、サイズは小さいが3バラシ。
昼寝をして夕方1時間やってみたが何もなく終了。
今週末は天気次第だが、北の大本流へ今日以上のサイズを狙いに行きたい。
[PR]
by KO-GYNOQ-TARO | 2012-10-04 01:12 | 十勝川 | Comments(4)